BLOG

15.08.12

日本到着!

帰国しました!
チューリッヒのフェスティバルは、
オープニングの3日間の担当だったので、
あっという間に終わってしまいましたが、
日に日にフェスティバルも盛り上がりをまして、とてもいい雰囲気でした。

チューリッヒ湖が目の前にあって、
フェスティバル会場は、水着の人もいっぱい。
アーティストも、自分のショーを終えると楽屋で水着になって泳ぎに行きます。
スタッフさんも休憩時間に泳ぎます。

お客さんにも、「裸でもいいから泳いだらいいよ!」と勧められ、
地元のアーティストにも、
「水着がないなら、これ(自分が今着てるやつ)貸すわ!」とまで
言ってもらったので、
次回は是非、泳ぎたいと思います。

皆様もスイスに夏にご旅行の際には、水着のご用意をお勧めします!

さて、余暇といえば、
今回のホテルで、いつも顔を合わせる4才と7才のイタリア人の女の子がいて、一緒に卓球やっだり、折り紙で遊んだりしました。

ドイツから来た男の子も、
「僕も一緒にやっていい?」と
卓球台にやって来て、デビちゃんとダブルス組んで、試合しました。

その後、デビちゃん対エチオピアの女性の白熱した一戦があったり、はなびvsマルの真剣試合も面白かったです。

ラストのショーには、イタリア人の女の子とお父さんが見に来てて、
私たちにさよならを言うために、
翌朝もみんなで早起きして、
見送ってくれました。

ちなみに、
私は、卓球の球に躍らされること
凄まじかったです。
つまりド下手です。
でも、卓球台の周りにいろんな人が集まってきて、
本当に楽しかったです。

かよ

15.08.11

アブダビで、一回休み

まさかのチューリッヒからの飛行機が遅れて、アブダビから成田への飛行機に乗れずに
空港隣接のホテルで24時間。

今ようやく成田行きの飛行機の搭乗待ちです。

外はめちゃ暑くて、中は凍えるほど涼しい。

見渡す限り砂漠とビルというのは昨今のUAEといった所でしょうか?

ホテルの1番上にプールがあって先輩ちゃんとザブンと入ってきました。

プールの水はとても気持ちの良い温度で、身体をほぐすのにも丁度いい感じでした。

image

まるもったん

15.08.08

こんにちは

こんにちは。デビです。
日本はこんばんはかな。
はい、こんにちは。はい、こんばんは。

さて、我々はスイスはチューリッヒに来ております。
出番は22時なので、それまで結構余裕があります。
今日は午前中朝ご飯を食べてからふらりとお散歩を兼ねた観光に行ってきました。

教会とか
image

チューリッヒには街中に飲料用として飲める噴水が1000もあるとか。
そこで、見かける度に丸本くんは飲んでいました。

画像がアップできないので、いくつかある画像はまた後日にでも。

image

image

image

image

image

では、ご飯食べて今日のパフォーマンスいってきます。

じゃ。

デビ

15.08.08

チューリッヒのフェスティバルはじまった!

今回のフェスティバル会場は、チューリッヒ湖のすぐそばにある大きな公園の中。

私達の出演する野外ステージも、サーカステント、劇場、バー、レストランなどなどが全部この中に集結しています。

スタッフの人達も下に水着を着ていて、みんな休憩になったら、湖に飛び込んでいます。

会場も各レストランの外装や内装もオシャレ!

客席や音響ブースもウッディで可愛い!
なんにもなかった公園に、みんな木を削るところから始めて、とっても素敵なフェスティバル会場になっています。

夜中まで沢山の人、子ども達も賑やかに楽しんでいます。

もちろん私達のステージにもお客さんいっぱいでもりあがりました☆

このフェスティバルはまだ23日くらいまでやってるんだけど、私達はオープニングアクトのために、招待していただき、全部で3日間3ステージ!

私達を日本から呼んでくれたプロデューサーも、今年が初年度みたいで、
はじまる前は「上手くいくかしら……」と不安をもらしていたのを、
まるちゃんが、
「大丈夫ですよ!僕ら、プロフェッショナールですから!」と言ったそう。

終わった後はもう、私達一人一人のところに、手にもったカップのジュースをこぼしながら飛びついてハグして、
「グレイト!グレイト!グレイト!!」と大喜びでした。

わかるよ〜!本場直前に不安になることってあるもんね〜!

本当に良かった☆☆

今日も1回のステージ、目一杯頑張るで〜!!

はなび

image

image

15.08.06

フェスティバルの地、チューリッヒに到着!

チューリッヒに到着しました!!

灼熱のアブダビから再び飛び、飛行機で6時間。
フェスティバルの地、チューリッヒにおりたちました。

す……涼しい!!!!
気温27℃。最低気温は17℃。
快適であります!!

アブダビでは実は暑過ぎて危険を感じ、
タオルをその辺の噴水にびしゃっとぬらし、
首に巻き、顔を覆わないと痛いくらい。

涼しさのありがたみを噛み締めました。

スイスの街並み。久しぶり。
やっぱり可愛いくておしゃれで好きだなぁ。

image

エメラルドグリーンの塔は大聖堂。

中はなんと!シャガールのステンドグラスがあるという!

それはそれはこの大聖堂のために描かれたシャガールの絵、光が透けてめちゃくちゃ綺麗で素敵でした。
あのシャガールの優しい絵と色味。
ステンドグラスになるとよりその雰囲気が
あたたかく映り、それはもう……!
すいこまれそうなほど魅入りました。
本当に美しかったです。

写真は残念ながら撮れなかったんだけど
シャガール、ステンドグラス、チューリッヒで検索すると他の方の画像が出てきます。

image

image

image

imageimage

フェスティバルは明日から!

はなび

15.08.05

アブダビの22時間

こんにちは。
今回のチューリッヒへの旅は、
乗り継ぎのアブダビで
22時間も待ち時間があるため、
みんなで一時入国してみました。
image
暑いとは聞いていましたが、
外の気温は45度。
空港から街へ出て、
海の方向へと歩き始めましたが、
すぐにバテてしまいます。
何度か休憩しながら
やっと辿り着いたビーチ、
人はほとんどいません。
image
来たぞ、ペルシャ湾!

image
もはや恒例行事。

ペルシャ湾の水は、波がないので、
静かできれいで温かかったです。
image

さて、ビーチを後にした
私たちは、
世界で8番目に大きいという、
アブダビ観光の名所、
シェイクザイードモスクへ
向かいました。
image
大き過ぎて全貌がカメラにおさまりません!
内部はこのような感じです。
image
image
image
シャンデリアも、床や壁の模様も
美しい!

これが、世界で一番大きな手織り絨毯なんですって。
image
image
もう果てし無く絨毯です。
イランの女性1000人で丸二年かけて
織られたのだそうです。
せっかくなので、素足で踏みしめてみました。
ぎゅっとしてて、フカッとしてました。

壮大なモスクを訪れた後は、
7つ星ホテルと言われる「エミレーツ パレス」へ。
「宮殿」と名がつくだけあって、
エントランスを入るとまさにキンキラキン!
「金」を売る自販機もありました!
image
みんなで暫し休憩。
image
私はラクダミルクを使ったカプチーノ
「キャメルチーノ」を頼んでみました。
ラクダミルク、淡白なお味でございました。

地元の方が乗るバスを乗り継いで
空港まで戻ってきました。
税関を通って、
空港の中にあった
無料のシャワーもしっかり利用して、
気がつけば、あと30分で
搭乗開始です。

22時間もどう過ごしたものかと思って
いましたが、
満喫できました。

次に来られるなら、
砂漠ツアーでラクダに乗ってみたい!
ラクダレースというのも
興奮するらしいです。
楽しそうだー。

かよ

15.08.03

今度はチューリッヒ!!

image
こんばんは。

先日大好きなコーラを頂きました。

良く見てみてください。

yujiroってなってます!

お話し聞くだに、どうやらコカコーラの懸賞に応募して当選すると名前を入れてもらえるみたいです。

僕もコーラを買う時チラチラ探していたんですが、まぁ無いわな、、、と思っていたので、とっても嬉しかったです。

さて今からは初めてのるエディハド航空。

飛行機会社によって座席や機内食が違うので、それも楽しみの一つ。

フジロックに行ってきた影響か最近ロックが熱い。

まるもったん

15.07.31

こんばんは

こんばんは。デビです。
はい、こんばんは。

毎日毎日暑いですね。とても暑い。
暑いというか、あっついって感じですね。
ほんとあっつい。

みなさん、熱中症などにはお気をつけください。
外だけでなく、室内にいようがなるそうですから。
おそろしい。

水分補給大事。ミネラル補給も大事。
一番大事なのは、無理しないこと。
これ、大事。
何事もご無理なくですよ。

あー、7月が終わります。
スイスに行ったりフジロックに行ったり楽しかったなあ。
先週の今頃はフーファイターズ見てたなあ。
二時間もやってくれたから、とてもお得でした。
実に盛り上がったし。

隣にいた男性(Aさんとします)が、見知らぬ男性と意気投合して盛り上がってたところ、
Aさんの友人が、
「すぐに仲間をつくるなよ」とたしなめたところ
Aさん「バカ!ここにいるみんな仲間なんだよ!!」
と、カッコイイことを言っておりました。
隣の僕は、然り然りと頷いた次第であります。

あそこにいたみんな仲間。フジロックにいた全員が仲間。だぜ。

よーし、来週はまたスイスだ。
今度はチューリッヒだ。チューリッヒって書こうとしたらチューリップって間違えたよ。

暑さのせいかな。

よし、寝よう。

仲間のみんな、おやすみ。

じゃ。

デビ

15.07.29

楽しすぎたよフジロック!

image

image

image

image

image

image

フジロックの余韻がまだまだ。

大規模ロックフェスティバルは刺激がいっぱいでした!

奥田民生とお客さんみんなで歌った
イージュー☆ライダーに大興奮!

そして芸人まことさんをはじめ、
大道芸できてたみんなも凄く久しぶりに会って、その優しさとかっこよさに改めて感動。。
大道芸って素晴らしいな…。
本当にありがとう!!!!

そして、紫ベビードール&DJの皆様。
今回誘っていただいて、大感謝!
いつも、どんな時も、優しく明るくかっこよく!

どこを見ても、優しい人ばっかりだった〜!

紫ベビードールの野外ステージも、クリスタルパレスもめちゃくちゃエネルギー出てて、
愛いっぱいにお客さんにむかって踊る姿ときたらもう!!!
野外ステージ観てた時なんて、涙がつつーっと流れたよ。。

そりゃもうミュージシャンも最高素晴らしいけど、大道芸人も、サーカスも、ダンサーも、スタッフの皆さんも、最高素晴らしい。

ボキャブラリーが乏しすぎるけど、最高に素晴らしかったと言いたいっ。

楽しすぎたよ。フジロック。

はなび

いろいろな人が写真やブログを愉快に書いて下さってるからご紹介しますっ。
是非☆

フジロック エクスプレス
http://fujirockexpress.net/15/p_7535

コッペちゃん
http://t.co/9SSEljdyeE

ギュノちゃん
http://t.co/Up3FCv6f4m

15.07.29

暑中お見舞い申し上げます

フジロックから戻りました。
東京はやっぱり苗場よりさらに暑いです。

初めて行ったフジロック、
ご家族で来ている方も多くいらっしゃいました。

お子さんが
「この人の歌、全部知っているの?」なんて
聞いたら、お母さんが、
「全部じゃないけどね。CDもいっぱいもってるのよ。
あなたが生まれる前にもコンサート行ったことあるのよ。」
って会話が聞こえてきたりして、
すごく微笑ましくて、
幸せな一コマをいくつも見せてもらえました。

ステージの転換の待ち時間に
私の前に座っていた二つのご家族が、
どんどん仲良くなっていく様子も
とても素敵でした。
特に音楽大好き!というお父さん同士の息ぴったりの会話が
心地よかったです。

お父さん1「僕ね、昭和○○年生まれなんですよ。」
お父さん2「そうですか?!じゃあ僕より10歳近くも兄貴じゃないっすか!」
お父さん1「あ、ほんと。学生時代どんな曲聞いてた?」
お父さん2「僕はGreen Dayとかですね。」
お父さん1「そうかあ。じゃあFoo Fightersとか世代じゃないでしょ。」
お父さん2「ですね。でも一応行きました。はじめの方だけだけど。」
お父さん1「骨折のくだりは?」
お父さん2「いました!!」
二人同時に大爆笑!
*Foo Fightersのボーカルが6月にライブ中でステージから転落して骨折した時の模様をスクリーンで上映したらしいです。
このあとも、兄貴分のお父さんが、お父さん2に缶ビールをじゃんじゃん勧めながら
二人の会話は続き、
二人とも、1度だけ1人でフジロックに来たことがあるという話になって、
明るい内は楽しいが、暗くなるとやっぱり1人は寂しいね(再び二人大爆笑)なんて話、
また、二人のお子さんの話や、それぞれの出身地のお話などになり、
そうこうしている間に、次のアーティストのスタート時間になっていて、
勢いよく演奏が始まると、

お父さん2「立ちますか。」
お父さん1「立ちましょう!」
といって立ち上がるや、ノリノリのお父さん達。
のんびり微笑む奥さま、おやつを食べる息子さん。

日常から離れた場所で、
大好きな音楽の中で、さらに自由になってる
素敵な大人たちの姿、最高でした。
キッズエリアも充実してて、家族みんなで楽しめる
ロックフェス、いいな、と思いました!

かよ

to R mansionとは、作品ごとに出演者、アーティストが集まる「とあるマンション」という意味のパントマイムをベースとしたパフォーマンスユニット。
劇場、ストリート、学校などで場に応じた作品を創り、幅広い世代に向けて発表。
「子どもによる 子どものための マイムプロジェクト」として子どもや親子を対象に身体表現遊びから作品を創るワークショップを展開中。
オフィシャルサイト http://tormansion.com

 

最近の投稿

 

アーカイブ