ファミリーシアター「へんてこうじょう 」 ファミリーシアター「へんてこうじょう 」
ファミリーシアター「へんてこうじょう 」ファミリーシアター「へんてこうじょう 」 ファミリーシアター「へんてこうじょう 」 ファミリーシアター「へんてこうじょう 」 ファミリーシアター「へんてこうじょう 」 ファミリーシアター「へんてこうじょう 」
チケットの購入はこちら

About

Family Theater

ファミリーシアター「へんてこうじょう」

ここは 「へんてこうじょう」 朝礼→休憩→自由時間。一体ここで何をつくっているの?へんてこな工場長とへんてこな従業員たちが巻き起こすドタバタコメディ。この工場見学の先にあるものは、、、。

 

世界中で大人気のパフォーマンスカンパニーが二子玉川にやってくる!!

生演奏に乗せて、みんなの好奇心と想像力を躍らせる。

大人も子どもも楽しめる、笑いと驚きいっぱいの観客参加型ステージアート!!

おっきな声で笑ったり、驚いたり、ワクワクドキドキ心と身体が踊り出す。

五感と身体と想像力を刺激して、一緒に遊ぼう。

to R mansion

わたしたちはtoRmansionです

16か国82都市の劇場や演劇祭、ストリートフェスティバルから招聘され、世界中で大人気のパフォーマンスカンパニー。神戸ビエンナーレ大道芸コンペティションでグランプリを2度獲得するなど受賞歴多数。フランスの有力紙リベラシオン紙で「日本から来た凄まじいこの劇団は、スラップスティックコメディを上演し、夜は広場の群衆を笑いに包む」と紹介され、海外でも高く評価されている。2016年、フランスの照明演出家パスカル・ラージリと創作した舞台「The Wonderful Parade」にて、第5回世田谷区芸術アワード“飛翔”舞台芸術部門を受賞。東京2020オリンピック開会式に出演。

 

ファミリーシアター「へんてこうじょう 」

チケットの購入はこちら

Message

小林賢太郎

(劇作家・演出家)

言うなれば、知恵と工夫のサーカス演芸。
やりたいことやってんな、
to R mansion。

 

 

チャラン・ポ・ランタン 小春

(ミュージシャン)

初めてto R mansionを見た時 初めてサーカスを観た日のことを思い出しました。
貴方たちのショウは、子どもの心を忘れてしまった大人にも、
キラキラした気持ちを取り戻してくれます。
とか偉そうなコメントしちゃってますが 私はただのファンです。
私がもし今も大道芸人として生きていたら こういう人たちのようになりたかった。

 

 

Read More >

Performer

上ノ空 はなび

上ノ空 はなび

(to R mansion)

全作品の演出、振付、プロデュースを担当。豊かなイメージと、視覚的アイディア満載のファンタジックな演出は世界中で愛されている。パントマイムで培った繊細な演技と、ハンド・トゥ・ハンドのダイナミックな身体で老若男女を魅了する。ミュージシャン、サーカス、美術家など、多分野のアーティストとのコラボレーションなど、その活動は多岐にわたる。チャラン・ポ・ランタン「ブタ音楽祭2017、2018」振付・出演、山口ゆめ花博「KIRARA RING ナイト・パレード」演出、スマートイルミネーション横浜「中山幻影ウェディング」演出、ュイブランシュ京都2017「祝祭のサーカスがやってきた!」演出。

野崎 夏世

野崎 夏世

(to R mansion)

新体操と演劇に没頭した少女時代に養われた独特の動きと感性を基に、人間、動物、宇宙人、、、様々なキャラクターを自分のものとして演じる変幻自在なコメディエンヌ。to R mansionの全作品に出演し、作品の創造性を広げるキーパーソン。フランス語堪能。ジャック・ルコック国際演劇学校卒。

丸本 すぱじろう

丸本 すぱじろう

(to R mansion)

世界中の老若男女の心をほぐし、笑いを誘う希有なクラウン。
観客とコミュニケーションをとりながら行う即興性の高いオープニング・アクトは、高評を得ている。浮遊感を感じさせるアクロバットは、パントマイム、日本舞踊の身体性を活かした彼独自のものである。

森下亮(クロムモリブデン)

森下亮(クロムモリブデン)

1977年生まれ。大阪府出身。1997年クロムモリブデン入団。以降看板俳優として活躍。主な出演に【舞台】キャラメルボックス「さよならノーチラス号」、FUKAIPRODUCE羽衣「春母夏母秋母冬母」、serial number「Secret War-ひみつせん-」、劇団た組「在庫に限りはありますが」【TV】「真犯人フラグ」、「漂着者」、「あなたの番です」、「シャキーン!」など。現在のレギュラーにアニメ「おしゃべり唐あげ あげ太くん」、調布FMラジオボンバー「森下亮・久保貫太郎の死ぬまでにしゃべりたい7万のこと」。また、カルビー公式ア・ラ・ポテト大使としても活動中。

江戸川じゅん兵

江戸川じゅん兵

俳優、ダンサー、コメディアン、MC、シンガー、画家、アートディレクション等、多岐にわたる活動を展開。数多くの小劇場作品に出演する一方、フィリップ・ドゥクフレやインバル・ピントなど海外演出家のミュージカル作品にも参加。映画では園子温作品に多く出演。
サンモールスタジオ最優秀男優賞、パルテノン多摩小劇場フェスフォトジェニック賞など多くの賞を受賞。
2013年、コミックバンド江戸川家を結成、独自のエンターテインメントの髄を不定期に絞り出し、近年ではtoRmansionとタッグを組み、ジャンルを超越した新たなクリエーションを打ち出し続けている。

藤居克文(くるくるシルク)

藤居克文(くるくるシルク)

パフォーマンスグループ くるくるシルクメンバー
ピンボールとアサラトと明太子が大好き!
2020東京パラリンピック開閉会出演。
http://crucru.net/

チャタ

チャタ

パントマイムをベースに突飛なハイテンションで繰り広げるパフォーマー
パントマイムサークル≪舞夢踏≫(マイムトウ)にて定期公演に出演するほか演劇・コンテンポラリーダンスの公演などに客演安田太朗とのユニット≪カナール・ペキノワ≫では全国各地のイベントに出演し数々のコンテストで入賞
タイのバンコクストリートショーなど世界各地のフェスティバルに参加

2005年にソロプロジェクトとしてひとりプロレス団体パントマイムプロレスリングを旗揚げ
東京都ヘブンアーティストライセンス取得
戸川昌子の青い部屋にてキャバレーなどの舞台へも出演
明るく・楽しく・記憶に全く残らないロッキンポップなコメディパフォーマンスで
大道芸や映像・舞台などで躍動中

植本純米(花組芝居)

植本純米(花組芝居)

岩手県出身。89 年より劇団花組芝居に参加。 現代劇の女形として数多くのヒロインを演じ てきた。老若男女を問わない幅広い役柄で 小劇場からミュージカル、シェイクスピア劇など様々な舞台に出演。またテレビやラジオ の演劇番組のインタビュアーとしても長年活動 している。近年の舞台に音楽劇『ライムライト』、 こまつ座『イヌの仇討』、劇団☆新感線『メタルマクベス』、ケムリ研究室『ベイジルタウンの女神』、結城座『十一夜 あるいは星の輝く夜に』、『赤シャツ』、ピアノと物語『ジョルジュ』など。

イーガル

イーガル

現代音楽作曲家 ピアニスト
バークリー音楽院にて学位取得。作品が国内外のコンサートで演奏される一方、バレエ、演劇、映画、現代サーカスなどにも音楽を提供。作品は既成のホールに留まらず様々な場所で行われ、先鋭性と伝統性が共存する音楽が高く評価されている。

渡辺庸介

渡辺庸介

タンバリンを主軸に打楽器からボイスパーカッションまで、様々な音色を駆使した柔軟で大胆なプレイが持ち味。2005年、北欧音楽バンド『Drakskip』を京都で結成しパーカッションと出会う。1000人規模のワンマンライブやフジロックフェスティバルをはじめ国内外の大型フェス出演など精力的に活動を行う。
2015年に拠点を東京に移してからはジャンルの壁を超えて様々なミュージシャンと共演。土着的な民族音楽からポップスまで、ジャンルにとらわれず活動を続けている。
主な共演歴 南佳孝、杉山清貴、柴咲コウ、Jazztronik、シャーロットケイトフォックス、岩男潤子、ウェイウェイウー、中西俊博

チケットの購入はこちら

Staff

【演出】上ノ空はなび
【共同演出】小島康嗣
【作曲・演奏】イーガル
【舞台監督】垣内美穂(スマイルステージ)
【照明】國吉博文
【音響】佐藤こうじ(Sugar Sound)
【アートディレクション】江戸川じゅん兵
【美術協力】はと
【当日運営】奥村優子
【写真撮影】金子愛帆
【協力】第一ダンボール株式会社
【特別協力】二子玉川ライズ