「にんぎょひめ」アルカスSASEBO公演2ステージ閉幕‼️

佐世保では「にんぎょひめ」のオープニングアクトに、WSに参加した子ども達が、海の生き物として出演しました。

みんな水族館に行って観察してきただけあって、細かいディティールまで身体で表現し、本番はお客さんで来た子ども達がどんな生き物を表現しているのかを想像して答えたり。

照明も入って子ども達もキラキラしていて

可愛かったし、子ども達の想像力とこだわり、本番の強さは驚くほど‼️

今回の佐世保。

小森さんを始め、劇場スタッフの皆様が心からあたたかくお迎えして下さり、みんな仕込み初日から感激しつつ力倍増‼️

その劇場スタッフの皆様のお気持ちは、4日間かけて海の世界に飾られた劇場ロビーにも溢れていて、また感動✨

つくづく思うのは、劇場公演は私達だけのものでは本当にない。

受け入れてくださる劇場があって、

劇場スタッフ、現地スタッフ、また東京から長崎まで沢山の美術や衣装をトラックで運んで下さったオビセさん。

そして、ツアーには一緒に行けなかったけど、衣装の西川千明ちゃんと音響の高塩顕さんが、地方でも「にんぎょひめ」が愛されるように準備に力を尽くして送りだしてくれたこと。

WSに参加してオープニングを飾ってくれた子ども達。

そして沢山の、沢山のお客様。

2回とも子どもも大人も笑いと歓声でいっぱい!カーテンコールは鳴り止まぬ拍手を本当にありがとうございました✨

丸ちゃんがネットで調べてくれて、たまたま見つけたお店のマダム、またそのお店で出会ったお客様も来て下さったりと。

今回の旅も、様々な出会いと美しい時間が沢山沢山ありました。

光と闇のステージアート「にんぎょひめ」の魔法は、舞台上だけではなくて、全てが魔法のような多幸感溢れる時間でした。

あなたの街にも「にんぎょひめ」を是非✨

そして佐世保にも、また行けますように‼️

image1.jpeg
記事を共有するTweet about this on Twitter0Share on Facebook0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です