日仏国際共同クリエーション「The Wonderful Parade」日記−5

今日はもう、びっくりするくらい美しいシーンが3シーンできた。
こんな風になったらなって想像して提案し、みんなでクリエーションするんだけど、出演者の想像力と瞬発力と輝きで、想像を超えたシーンが目の前に現れる。
本当に美しいシーンは、わかってても泣きそうになる。今日は3回もなったよ。。
クリエーションの場でそんなに風に感じるなんて、そのことに驚き。
はなび史上初めて。
価値観も人生も今回のクリエーションにより変わっちゃいそう。

パスカルの発明と技術は、演劇やマイムやダンスやフィジカルシアターや、舞台をやってる人達にとっては、特にその凄さがわかると思う。
本当に「こうなったらいいけどリアルには不可能だな」と思う夢を可能にする。
もちろんそれは実現化する今回の出演者のみんなの身体と発想と演技あって立ち上がるリアルなのは間違いない。
今回の物語は出演者みんなのアィデアやこだわり、即興で生まれたものを取り出して、さらに育てて描かれてます。
それは一人の頭で考えたものでは到底思いつかないような面白さが詰まってわかりやすいストーリーが奇想天外に視覚化されている。

稽古場に来るスタッフもみんな驚くもの。
みんなだよ!そんなことってある?いや、ないでしょう!
オブジェ協力のokkちゃんも
「実物見ると改めて凄いですね。」って。

ワークショップは〆切になりましたが、公演でもパスカルのその技術は充分に感じることができます。
小さな劇場だからこその、至近距離で楽しめるこの作品と素晴らしい出演者、スタッフワークはmust see!!!!!
日曜夜と平日オススメ。
土日のご予約はお早めに!!
http://tormansion.com/re_parade

AI基本 AI基本

記事を共有するTweet about this on Twitter0Share on Facebook0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>