月別アーカイブ: 2016年4月

5/3(火・祝)〜5(木・祝)の静岡の詳細が決定しました!

ゴールデンウィーク 5/3(火・祝)〜5(木・祝)は静岡へGo!
「ふじのくに ストレンジシード静岡」のパフォーマンス時間と場所が決定しました!!
皆様、遊びに来てくださいね〜

2016年5月3日(火・祝)〜5日(木・祝)

時間・場所:
3日(火・祝)16:00〜 静岡市役所御幸通り側玄関前ステージ
4日(水・祝)16:00〜 静岡市役所御幸通り側玄関前ステージ
5日(木・祝)14:30〜 札の辻交差点

イベント公式ページ→http://festival-shizuoka.jp/event/strangeseed/

IMG_0526 のコピー

記事を共有するTweet about this on TwitterShare on Facebook

野毛大道芸・キャナルシティの時間をUPしました!

野毛大道芸とキャナルシティの時間と場所が決まりました!
皆様、ぜひ遊びにいらしてくださいね〜!!

野毛大道芸
2016年4月23日(土)、24日(日)
時間:
23日(土)12:00/14:40
24日(日)11:00/13:50
場所:福富西公園(26)
イベント公式ページはこちら

キャナルシティ(博多)
2016年4月29日(金・祝)〜5月2日(月)
時間・場所:
※4日間とも同じ時間、場所でのパフォーマンスです。
12:00 B1Fサンプラザステージ
14:30 B1Fスターコート
18:00 B1F スターコート ☆COMEDY NIGHT SHOWに出演☆
キャナルシティ公式ページはこちら

IMG_0445 のコピー

記事を共有するTweet about this on TwitterShare on Facebook

【「光と闇のフィジカルシアター」ワークショップ参加者募集のお知らせ】

闇の演劇_Web5

世界中のトップクリエーターから絶大な支持を得るフランスの劇団「フィリップ・ジ ャンティ・カンパニー」をはじめ、フランス演劇界を支える光と闇のトリック照明演出家を招聘!日本初のワークショップを開催!
  照明を使った視覚のトリックを利用した幻想的な空間を創る技術を学び、創造性を鍛 え、新たな表現を発見する2日間。

講師氏名: パスカル・ラージリ
開催日時:2016年5月28日(土)、29日 (日) 11:00-21:00(休憩2時間を含む)
会場:新高円寺アトラクターズ・スタジオ(杉並区高円寺南2-7-1 拓都ビルB1F) 東京メトロ丸の内線新高円寺駅徒歩4分
対象:
俳優(舞台で演技をする全ての職種の方、ダンサー、大道芸人、クラウ ン、etc…)
※照明家、演出家などスタッフの受講生もお受けいたします
※18歳以上。プロ、アマチュアなどは問いません

内容 :
ブラックボックスの中で起こる人間の目の錯覚、視覚の不完全性を利用したトリックに基づいている「闇の演劇」。このトリックの中で引き起こされる様々な視覚効果は、幻想的な世界を創りだすのに役立ちます。
この空間では、俳優たちはマリオネットやオブジェと共にステージ上を飛行します 。俳優やオブジェが突然空中に現れ、突然消えていくことだってできます。 俳優は、しゃべらない人形や、動かないオブジェなど、もう一つの自分の身体に命を 吹き込み、それは、今まで当たり前だと思っていた物や風景が、全く異なる新鮮さと 驚きをもって自分の演技に影響を与えます。
この講座は、魔法のような出現や消失が可能な演出を学び、そしてトリックを効果的 に利用したイマジネーション溢れるシーンを創作します。 こうした学びと創作を通して、自分ではない「役」を生きる俳優にとっての演技力の 柱となる「自分を客観的にみる力」や、「予想外の動きやリズムを生み出す力」をと もに高め、「新たな表現の引き出し」を得ることを目的とします。

講師プロフィール:
パスカル・ラージリ Pascal Laajili
照明家・演出家・舞台監督・劇作家。
1999年よりフィリップ・ジャンティ・カンパニーにて「動かぬ旅人」「バニッシング ・ポイント」「世界の涯て」などでコラボレーションし、人形操作役としても舞台に 上がっている。 仏アビニョン演劇フェスティバルのスーパーバイザーも担当。 2008年以降はフランスの舞台技術士専門家養成センター(CFPTS)教授をつとめ、 「闇の演劇」の教鞭をとる。 300年以上の歴史を誇るフランスの国立劇団コメディー・フランセーズにて 照明デザインをつとめた舞台が、フランスの優秀な演劇賞「モリエール賞」最優秀ビ ジュアルステージ部門にノミネートされている。

受講料: 15000円
定員: 10名
※どちらか一日のみの受講も可能ですが、両日参加できる方が優先です。申込多数の場合は、抽選とさせていただきます。
5月20日(金)までに結果をE-mailにてご連絡いたします。
(1日のみの受講料10,000円。出席できる日を応募動機欄にご記入ください。)

お申込方法:
5月13日(金)までに、「闇の演劇」ワークショップ参加申込 の件名にて、以下の内容をE-mail(to-r-m@kta.biglobe.ne.jp)宛にお申込みください。
*お名前(ふりがな):
*年齢:
*性別:
*電話:
*E-mail:
*所属団体名称(劇団など):
*応募動機(50−100字程度):

お申込み・お問合せ
Office to R mansion
E-mail:to-r-m@kta.biglobe.ne.jp
電話:080-3410-8000(野崎)

☆☆上ノ空はなび(to R mansion主宰)より☆☆
仏領ギアナの国際児童演劇祭にてパスカル・ラージリ氏のワークショップショーイングを観た時の衝撃。
照明が暗くなり、小さな光がついた瞬間、地面も天井も奥行きもどこまであるのかがわからない、無限の空間が広がった。客席にいる自分が宙に浮いているみたい。
次々とワークショップの生徒さん達が光と闇、身体と 物を使っていろんなシチュエーション、素晴らしいアイデアの詰まった短いシーンの数々を披露してくれた。
モップとモップの可愛い恋、ギアナの自然の木や枝、葉っぱで作られた雄大に飛ぶ鳥、、、、。心をくすぐられたり、目の前に突然現れた生き物に驚いたり、くだらなくもアイデアと喜びに満ちた表現に笑ったり。
その短いショーイングの全てが、ワークショップ生の熱量と、クリエーションで発見したことを舞台で表現することの喜びに溢れていて、自分でもびっくりするほど感動していた。
後から、彼が照明・演出家だと聞き、すぐに声をかけた。彼がフィリップ・ジャンティカンパニーで長年創作を共にしていたと聞き、驚きとともにやっぱり!!
そして、彼がその光と闇のトリック「闇の演劇」とよばれる演出手法の第一人者だと知って、ぜひ彼と一緒に舞台作品を創りたい!!!「闇の演劇」の中で遊び、to R mansionならではの表現を発見して、もっとおもしろいファンタジーを創ってもっと楽しませることができるんじゃぁ!!という思いから企画し、様々な方々にお力添えをいただき実現することができました。
是非、日本の皆様にもパスカルの素晴らしい想像力と発明的な技術の中で遊び、楽しんでもらいたいです。
彼のワークショップ&to R mansionとのコラボレーション公演。この非常に貴重な機会を、是非体感して下さい。

主催:to R mansion
協力:劇団夢現舎
助成:アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)

闇の演劇_Web4

闇の演劇_Web3

闇の演劇_Web2

記事を共有するTweet about this on TwitterShare on Facebook

訂正:来週末の予定!!

来週末は新宿へGo! (間違って「今週末」としていましたが、正しくは「来週末」でした。4月16−17日、ぜひ遊びに来てね!!)
ついに新メンバー、モハメッド アリ ガトーがデビュー!!
新しいto R mansionに是非会いに来てね!!

IMG_0514 のコピー

伊勢丹 フランスウィーク
4月16日(土)−17日(日)
時間:12:45/14:45/16:30(両日とも同じ時間です。)
場所:新宿モア4番街
イベント公式HPは→http://www.isetanguide.com/20160413/france/town/

IMG_0274 のコピー

記事を共有するTweet about this on TwitterShare on Facebook

今後のパフォーマンススケジュール☆☆☆

to R mansion 今後の予定をお知らせ!!
毎週、全国各地に出没予定!5月にはスペインにも行くよ〜。
どうぞ遊びにいらしてくださいね!
(詳細は決まり次第UP予定です。)

4月16日(土)−17日(日)
伊勢丹主催 新宿モア4番街(一日3ステージ)

4月23日(土)、24日(日)野毛大道芸
http://nogedaidogei.com/

4月29日(金・祝)〜5月2日(月)
キャナルシティ(博多)
2ステージ+コラボショー
http://canalcity.co.jp/

5月3日(火・祝)〜5日(木・祝)
世界演劇祭 ストレンジシード(静岡)
http://festival-shizuoka.jp/

5月7日(土)、8日(日)
ストリートフェスティバル(スペイン)

5月14日(土)、15日(日)
ソラマチ大道芸フェスティバル
http://www.tokyo-solamachi.jp/new/event/

みなさんにお会いできるのを楽しみにしています!!

記事を共有するTweet about this on TwitterShare on Facebook

新年度を迎えてのお知らせ

4月になりました。
いつもあたたかい応援をいただき、ありがとうございます。
新年度を迎え、to R mansionより皆様へお知らせがあります。

ーーーーーーーーーーー
フライングシュワシュワカーニバルの舞台を最後に、デビちゃんは宇宙船にのって元の銀河系へ戻って行きました。
デビちゃん、本当に本当にありがとう〜〜〜!!!
デビちゃんからメッセージが届いております。

「みんな今まで本当にありがとう!!
これからも to R mansionと、僕をよろしくぅっ!」デビ

20160331デビちゃん

そして。
新メンバー!に、8年間フランスを放浪したクラウンをお迎えします。

その名もモハメッド・アリ・ガトー。

フランスのフィリップ・ゴーリエ演劇学校を卒業し、ポルトガル人&イタリア人とユニット「ザ・ガスパッチョブラザーズ」を組んで各国の劇場やストリートを荒らした後、帰国。元プロボクサーでもあるという、他に類をみないタイプの馬鹿さと繊細さ溢れるクラウンです。

また新たな4人で創られるショーを、どうぞお楽しみに!
新to R mansionの初お披露目は、4月23日(土)24日(日)の野毛大道芸(http://nogedaidogei.com/)の予定です。
皆様、待っててね〜!!

20160331toR_New宣材写真

記事を共有するTweet about this on TwitterShare on Facebook

「フライングシュワシュワカーニバル」〜お客様へ〜

宇宙船は高円寺に着陸し、800名を越える地球人のお客様にお会いすることができました。
ご来場頂きましたお客様、お友達やご家族、お知り合いにこの公演をお知らせくださった皆様、本当にありがとうございました!!!!

201603シュワシュワ再演写真

みんな、泣いたり笑ったり驚いたり踊ったり。
とある2歳の地球人の赤ちゃんは、公演中ずっとこわがってたのに、お家に帰ったら「トイレット宇宙船~」と元気に歌い出したそう。
そしてトイレに行くのをいつもは嫌がってたのに、自分から「トイレに行く~!」と言って、便器に座って片手をあげて「オー!」(ユーエフオーのオーかな?)と言っていると教えてくれました。
劇場に来てトイレを克服できた子ども!!

「大人だけで来てたら最後のダンスも絶対踊らなかったけど、子どもがいたから仕方なく一緒に踊ってみたら、楽しかった!!そんな自分の一面を発見できた。」という大人の声も多数!

201603シュワシュワ再演3

舞台芸術は、劇場での1時間だけ楽しいということだけではなく、その後の生活への変化や新しい自分の発見につながる。
赤ちゃんからご高齢の方々まで、みんなが一緒に体験したからこその発見もたくさんあったんじゃないかなと思います。
宇宙人達もそう!沢山の発見があり、それらは宝物です。

この宇宙船がパワーアップし、またどこかに着陸できる日を、一同楽しみにしております。

201603シュワシュワ再演2

そして最後に、お知らせがあります!!
to R mansionの次回公演は、6月22日(水)〜26日(日)駒場アゴラ劇場にて、日仏共同企画「The Wonderful Parade(ザ・ワンダフルパレード)」!!
フランスからゲストを招いて1ヶ月のクリエーションを行い、ワクワクドキドキの全く新しいファンタジーをお届けします。
この公演は1ステージ50席限定!チケットは絶賛発売中です!!ご予約はどうぞお早めに〜!
ーーーーーーーーーー
「The Wonderful Parade」
だまし絵の世界に迷い込んだような、驚きと笑いいっぱいの不思議な物語。小さな劇場でしか味わえない極上のファンタジーをお楽しみください!
【タイムテーブル】
6月
22日(水)◎15時/19時30分開演
23日(木)◎15時/19時30分
24日(金)◎15時/19時30分
25日(土)11時/14時/17時
26日(日)11時/14時/17時
※上演時間 約60分
※受付40分前
※自由席
※開場10分前から整理番号順にご入場いただきます。
【会場】
駒場アゴラ劇場(京王井の頭線 駒場東大前駅東口出て徒歩3分)
【チケット料金】
(入場整理番号付き前売り)
大人 3500円
子ども(高校生以下)1500円
親子ペア 4500円
未就学児童お膝の上無料
◎平日昼割=大人3200円
☆当日券=各500円増
【チケットご購入方法】
●to R mansion HPの予約フォーム(https://ticket.corich.jp/apply/73182/)
●TEL:08034108000(野崎)
●Email:to-r-m@kta.bigobe.ne.jp
希望観覧日時、お名前、人数、お電話番号をお知らせください。

ご予約、お待ちしております!!またお会いしましょう〜!

記事を共有するTweet about this on TwitterShare on Facebook