タイのエピソード その1

こんばんは。
タイから帰ってきました。
to R にとって3回目となる
サイアム ストリート フェスティバル
でした。

今年もたくさんのお客様と出会えた二日間、楽しかったー!
そして今年も暑かったです!

私たちのポイントは、ステージの奥がレストランの厨房で、
ショーの最中も、よく厨房から
エプロン姿のまま、奥からショーを
見に来てくれてる人たちがいました。

小道具仕込んだり、早替えでカツラかぶったりしてるとよく目が合うので、お互いにニヤリッとしたり、
目配せしたりなんかしてました。

ラストのショーを終えて、片付けをしていたら、
後ろから肩をトントンと叩かれて、
振り返ると
ニヤリッとしあったエプロン姿の
お兄さんお姉さんたちの一人が、
大きな袋を私に差し出しています。

熱っ!!
受け取ってびっくりです。
山のようなご飯とおかず、
そしてスープをそれぞれ
ビニール袋に入れて詰めてくれたのです。
「汗だくになって、腹ペコだろう?
あたしたちがつくったご飯、
絶品よぉ〜」
お姉さんのニヤリッは、
そんな風に聞こえました。

写真撮ろう!となったら、
厨房からみんなみんな出てきて
くれてました。

厨房を一時からっぽにして
記念撮影。
image
ご飯は、打ち上げでアーティストみんなでいただきました。

ショギョームジョーのヒデちゃんの筋肉をもってしても、
「おっ!意外と重いッスね、ご飯って。」というくらい。

ズッシリ アツアツの贈りものでした!
コップンカーッ!!

かよ

記事を共有するTweet about this on Twitter0Share on Facebook0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>